花瀬望比公園

- 第二次世界大戦の戦没者の霊の鎮まる霊地 -

IBUSUKING - 指宿JC公式・指宿情報サイト

花瀬望比公園について

 この海岸は、イソギンチャクが殻の中から5色の花を咲かせている群落があったことから花瀬の名称が生まれたといわれています。また 、開聞岳初期噴火のときに流れ出た玄武岩質の溶岩流によってできた縄状玄武岩でおおわれています。花瀬望比公園は、開聞岳の西側の花瀬海岸に比島戦没者慰霊碑が建設され、死生の扉、想比之碑、安らぎの鐘、大鐘楼等が整備されたのを契機に、花瀬公園を花瀬望比公園と改称し、過ぐる第二次世界大戦の戦没者の霊の鎮まる霊地として末永く英霊の安穏と21世紀に向けて世界各国の平和の基地として発展することを祈念し、命名したものです。
 「戦没将兵47万6千余柱」という厳粛な数字は、今も私たちの心に重く、胸を詰まらせます。比島作戦に果てた同胞の形骸はかの地に朽ちても、すべての精霊が永遠に比島にとどまっているとは思いたくありません。異域の密林や南冥の底から、同じく祖国防衛に殉じた戦友に抱き起こされ押し上げられて、不死鳥のように蘇り1900キロの天空を駆け、戦場に夢見つづけた祖国に声亡き凱旋の姿を願うのは遺族だけではありません。そのような祈りを込めて造形されたのが「死生の扉」です。

Copyright © 指宿青年会議所 2007 All Rights Reserved.